写真のトリミング

トリミングというのは、写真の中で要らないと思われる箇所をカットし、必要な箇所のみを切り出すという手法です。

チラシを作っていく上でトリミングは、必要な情報のみを切り出すという目的があります。

デザイン要素としては、不要な情報を取り去ることで、組み合わせの可能性を広げるという意味合いがあります。
またチラシを作る上で、ただ写真や文字等の情報をたくさん詰め込めば良いというものではありません。
余計な情報が多いと全体のデザインがまとまらなくなりゴチャついた印象を与えてしまうほか、伝えたいと思う必要な情報が埋もれてしまう結果となりかねません。余計なものを削ぎ落とすことで、洗練するのです。

またトリミングを行うことで、全体としては権利的にチラシに使えない写真画像からNG箇所を切り落とすことで、使用が可能となる場合もあります。
(例えば背景画像に映り込んでしまった店や企業のロゴなど)

トリミングは画像編集系のソフトやアプリであればほぼ搭載されている基本機能です。
使いこなすことで、チラシ作りの大きな味方となることでしょう。