写真配置の基本

チラシのデザインを作っていく上で、基本となる写真配置の仕方を見ていきましょう。
この他にも、さまざまな手法が存在しています。

・四方裁ち落とし
これは、写真をデザインの端から端まで背景として大きく配置するという方法です。
写真自体のデザイン性が高い場合、非常に効果的となります。
注意点としては、写真は解像度の高いものを使うということがまずあげられます。解像度が低い写真を拡大して使うと全体がボケてしまい、パッとしないデザインになりかねません。
そして、文字を入れる余白を作ることです。例えば屋外で写真を撮影する場合、モチーフを写真中央でなく、少し端のほうに位置どらせる様にレンズをむけ、空を広めにいれることで、空の部分が余白となり、ここにタイトルとなる文字や内容の説明を入れることができるようになるのです。余白がなくては文字を入れる場所がなく、デザインしづらくなるかもしれません。

・四角版
これは、写真をそのままの状態で角まで全部入るようにして、デザインのどこかに入れこむレイアウトとなります。
四角いチラシであれば、四角の中に四角が入る形となるため、収まりがよいレイアウトになりやすくなります。
1番メジャーな手法だといってよいでしょう。

・切り抜き版
これは、モチーフを輪郭に沿って切り抜くという手法です。
写真の背景がなくなり、モチーフがそのままチラシの上にくることから、モチーフ自身の輪郭が強調される形となります。
他の写真や文字、枠線などと組み合わせることで、デザインの自由度が高い手法です。