モンタージュ理論を実際に使っていく

チラシをデザインしていく上で有用な手法のひとつに、モンタージュ理論があります。
モンタージュ理論とは、色々な写真同士の関係性によって、何らかの状況を暗に表現するという手法となっています。
さまざまな写真の中から複数枚を選んで写真の組み合わせ方を考えていくことにより、様々な意味を暗示する可能性が広がるのです。

モンタージュ理論においてもっとも意識すべきなのが「写真の関係性」です。

例えば、1枚の笑顔の女性が写った写真があるとします。
これだけでは「この女性、何か嬉しいことでもあったのかな?」ぐらいの印象となるかもしれません。
ですがこの写真の横に、おいしそうなフルーツたっぷりのケーキの写真を並べたとしたらどうでしょうか。
途端に「あ、ケーキを食べたのか! だから笑顔なんだな」というような印象が生まれることでしょう。

このように、それぞれ独立している無関係の写真をうまく並べて配置することにより、ストーリー性がある印象を生み出すというのも、モンタージュ理論の使い方のひとつなのです。

コメントを残す