和文欧文の字間調整

 カタカナひらがなは、漢字に比べて、字間が空いて見える傾向があります。特に「ア」や「ト」などは、仮想ボディに対して文字が小さいため多くの空きが生じます。

 また、約物(句読点など)がある場合は、その前後に空きが生じる傾向があるので、キチンと字間を調整することが大切になっていきます。

 一方、仕様する書体にもよりますが、漢字は比較的詰まって見える傾向があるので注意深く間隔を見ていク必要があるようです。

 欧文書体の場合は、プロポーショナルフォントを使うことで、ある程度美しく仕上がります。ただし、隣り合う文字によっては字間に違和感が生じる場合はあります。

 例えば、「W」と「A」を並べると、縦線が平行に並ぶため、ベタ組みでは字間が空いて見えてしまいます。また、「T」と「A」が隣り合う場合も。「T」の下部に空きがあるため、空いて見える傾向があります。このような場合も見た目で均等に見えるよう調整する必要があります。

 また、数字によっては前後に「空き」や「詰まり」が生じます。例えば、「1」の場合は前後に空間が空いてしまうことがあります。このような現象は書体によって程度が異なるため、文字を並べた際に注意深く観察することが重要です。

コメントを残す