シックな印象のデザイン

よくもとめられるデザインイメージの中でシックなイメージというものがあります。シックという言葉自体は「上品」「粋」という意味のフランス後から来ています。デザインでこのようなイメージに仕上げていくには、演出や修飾は出来るだけシンプルにし色味の数を抑えた上での構成を心がけていくことが大事な事柄となっていきます。部分的な構成としてはデコレーションを施したい場所やコントラストや強調をつけたい場所などでは構成要素をアイコン化したりなどの加工も有効だと思います。見え方をくくっていくとでもいいましょうか、あしらいを整え見え方を一括りになる印象にて一見してみやすくなりバラバラした印象も払拭できるため第jなテクニックのひとつと言えるでしょう。くくった要素自体を目立たせることができるのでアイコン化の要素に入れる入れないをチョイスすれば受け止めてもらい方のコントロールや導入部分にもなりえます。シックなデザインの統一感を出す場合は全体的な構成設計が最重要です。大枠での余白や書体の置き方や全体的なデコレーションの踏襲などがキモになってまいります。文字をここに色味変更したりバラバラにグラデーションがかかっていたりなどすると全体的な統一感とは程遠い出来上がりとなり目指すテーマには到達することがありません。手始めから最終的な段階までにデザインを整えていく工程はシンプルなデザインであればあるほど慎重に進めていかなければならない作業であるといえます。慎重に進行しても文字の量や溢れなどから長体や平体などをかけたりしてしまったりしないように注意したいところです。使用するイラストやオブジェクトもシンプルなだけに使用する上でのロジックが大事であります。

コメントを残す